あやしい買取業者との取引きはトラブルのもと!信頼できる業者の探し方

あやしい業者は何かと理由をつけて安く買い叩こうとする

ブランド買取を専門業者に依頼した際、思ったより安く買い叩かれてしまうケースは珍しくありません。特に有名ブランドなら状態を問わず高額買取などの甘言を並べる業者ほど、実際の買取査定では何かと理由を付けて安く買い叩く傾向にあります。拡大鏡を使わないと視認できないほどの小さな傷や汚れを指摘したり、現在はこのブランドが市場で余っているなどという理由で査定額を低く算出します。中には偽物だから安くなると偽りの理由を付けて不当に安く買い叩くケースもあるので注意しなければいけません。持ち込んだブランド品をほとんど見なかったり、査定する所を客に見せないようにする業者は悪質な詐欺業者の疑いがあります。

また、店内に置かれている買取品が乱雑な状態で放置されている所も商売に本腰を入れていないと言えるでしょう。

誠実な業者は査定が丁寧で理由も分かりやすい

ブランド買取をまっとうな方法で行う誠実な業者は客を軽視しません。悪質な業者は買取を依頼する客のことを「ブランド品の知識がない素人」と侮っています。そのため、新品同様の綺麗な品物でもただ同然の安値で買い叩くのです。誠実な業者はそのような考えは持たず、持ち込まれたブランド品の状態を入念に確認して査定額を算出します。依頼した客も業者並みの知識を持っているという前提で査定を行うので、そこには不当なごまかしは存在しないと言えるでしょう。また、なぜこのような査定額になったのかを分かりやすく説明するので、買取を依頼した客も納得したうえで査定額を受け入れることができます。同じブランド品買取でも持ち込んだ客をどう見るかで業者の姿勢が明るみになると言えるでしょう。